昨年(2012年)の年末に、
アフィリエイト用のサイトのアクセスが極端に減少しました。

Googleから何らかのペナルティーを受けたようです。

Googleのウェブマスターツールにログインし、サイトの状態を確認すると、
下記のメッセージが届いていました。

「このたび、貴サイトの一部ページで、
Google のウェブマスター向けガイドラインに違反した手法が
使用されている可能性があることが判明しました。

具体的には、PageRank を操作する意図で設定された可能性のある、
他のサイトから貴サイトへの人為的または
不自然なリンクがないかどうかをご確認ください。

不自然なリンクの例としては、
PageRank を転送するリンクやリンク プログラムへの参加が挙げられます。」

リンクスパムと判断されたようです。

調べたところ、4年ほど前に、
無料ブログをたくさん制作して、ブログから当サイトへのリンクが
今回、スパムと認定されたようでした。

無料ブログからのリンクの削除を終わらせ、
その後、「サイトの再審査をリクエスト」をGoogleに行いました。

その結果、10日後ほどに、下記のメッセージが届きました。

「このサイトは以前、
Google の品質に関するガイドラインに違反しているとの判断に基づき、
Google Webspam チームが手動で対応しましたが、
お送りいただいた再審査リクエストを検討した結果、この処理を取り消しました。

なお、この処理の取り消し後、
サイトが Google のインデックス登録と掲載順位システムに
反映されるまで時間がかかる場合があります。」

なんとか、スパム認定の解除ができたようです。

当サイトへの、アクセス数も回復しました。

SEO対策として、リンクを集めることは有効な手法ですが、
過度なリンクは、逆効果になることがあります。

SEO対策を業者に依頼する場合も同様です。

業者が行った、SEOの結果、スパム認定を受けたという話も
良く耳にします。

今回、Googleのウェブマスターツールを利用していたため、
原因と解決方法が分かり、対応ができました。

Googleのウェブマスターツールは、必ず導入しておきましょう。


スポンサードリンク

明石、神戸、加古川のホームページ(WordPress)制作が29,800円

最新の記事一覧

ページ上部に