ホームページの制作を行う場合の基本的な方法には、
次の2つのがあります。

  • HTMLファイルを1ページごとに作成して、サーバーにUPする方法
  • CMSを利用して、ホームページ制作をサーバー上で行う方法

結論から言うと、皆さんが今後ホームページを制作するなら、
必ずCMS(コンテンツマネージメントシステム)で制作して下さい。

CMSのメリット

  • HTMLなどの専門的な知識が無くてもサイトの更新ができる。
  • ネットが見れる環境があれば、どこにいても更新ができる。
  • スマートフォンから記事の投稿・編集ができる。
  • ホームページ制作ソフトなどは必要としない。
  • 機能性が高く、思い通りにサイトが制作できる。
  • レイアウトやデザインも簡単に更新できる。
  • 自分で更新が出来るので、更新費用が掛からない。
  • リアルタイムでの情報発信が可能になる。

従来のホームページ制作では、
専用のソフトを使って、ページの制作や更新が必要なため、
どうしても専門知識がないと自分でホームページを管理することが困難でした。

そのため、サイトの管理をホームページ制作会社に委託することが多かったのです。

しかし、CMSを利用すれば、
ホームページを更新が自分で簡単に行えるため、
更新の手間や費用も削減できるます。

なぜ、未だに従来の方法でホームページを制作する業者が多いのか?

理由は簡単です!

ホームページ制作後に、継続して高額な管理費を請求するためです。

CMSでホームページを制作してしまうと、
お客さんは自分でページの追加や修正ができるため、
「ページの修正は1回3,000円、ページの追加は1ページ10,000円」
のように請求できなくなります。

お客様のためではなく、制作業者の利益のためでした。

CMSのデメリット

はっきり言って、デメリットは特にありません。

ホームページの機能面から言えば、
CMSが、従来の制作方法で作ったサイトに劣る部分は一切ありません。

あえて言うなら、自分で更新するために、簡単な操作を覚える必要がありますが、
普通にワードが使える人なら、数時間で覚えられる内容です。

関連書籍も多数出版されているので、必要に応じて自分で勉強ができます。

※ CMSは難しいと説明している業者もいますが、嘘です!

 

重要なので、最後にもう一度言います、
ホームページを制作するなら、CMSで制作して下さい。


スポンサードリンク

明石、神戸、加古川のホームページ(WordPress)制作が29,800円

最新の記事一覧

ページ上部に